足やせ 脚やせ 脚痩せ 足痩せ

レッグマジックで脚やせ

レッグマジックを販売している「エクサボディ」は、以前はビリーズブートキャンプなども販売していた大手通販ショップです。注文すればすぐに自宅へと届きますよ。


レッグマジックの使い方はとても簡単です。本体のペダルに両足をのせ、レバーをつかみながら、脚を閉じたり開いたりするだけ。

[スポンサーリンク]


まずは、ステップに足を乗せてバーを両手で持ちます。すべりやすい靴は避けたほうがいいです。スニーカーや裸足がいいと思います。足を開きます。ばねの力で足の太ももの内側がぷるぷるします。太ももの前側がしっかり使われることを意識してやると、シェイプアップに役立ちます。


次に足を閉じます。この一連の動作を1分間繰り返します。1分間は短いようですが、最初はとても長く感じます。最初にやったときは、太ももの内側が筋肉痛になったので、効いていると実感してきます。


継続しなければなかなか脚やせ効果は実感できません。最初にはりきってやると筋肉痛になるので、適度な時間を決めて取り組んでみてください。レッグマジックは下半身だけの運動だから、テレビを見ながらやっても別に問題はありません。好きなテレビドラマを見ながらやるのも良し、付属のワークアウトDVDを見ながらやるのもよし。


子育てなんかで外出できず、かといってアパート内であまりスペースが取れないような人でも、レッグマジックなら問題なくダイエットできますよ。忙しい人も効率よくダイエットできますね。

マッサージで脚やせ1

すっきりと綺麗な脚のラインは女性の憧れですよね。ここではマッサージを使った脚やせダイエット方法を紹介します。マッサージをすることで血流がよくなり、代謝が上がるのでダイエットにつながります。むくみも解消されるので、すっきり綺麗な脚になりますよ!


ふくらはぎや太ももの辺がたるんで、デニムがぴっちりしてきつく感じたりしていませんか?


ひざのヨコと裏には、リンパがあります。ひざの裏のふくらはぎ、裏ももの筋肉の付け根をモミモミしてみましょう。 「じわぁ?」っと感じますか。疲れと一緒に老廃物は蓄積されています!


デスクに座りっぱなしのお仕事をしてる人、高ヒールを履いて立ちっぱなしの お仕事をしてる人、肩こりや腰痛、むくみに悩まされて、ほんっと!つらいですよね?ひざまわりをマッサージすることで、滞っていた老廃物の流れがスムーズになり、 疲れやだるさも和らぐはずです。


後ろももの裏には、太いリンパがあります。 ここを意識して、マッサージすることで、老廃物の流れを促します。むくみや脂肪が蓄積されると、恐ろしいことにヒップとの境目がなくなっていくのです。メリハリボディをめざす人は、要チェックです。


前もも、内ももはふだんの生活の中では、あまり筋肉を使うことがない部分で、 筋力の低下によって血液循環も代謝も鈍くなりがちです。むくみやたるみになりやすいので、しっかりほぐし代謝を促進しましょう。



マッサージで脚やせ2

楽しみながら、無理なく出来るセルフマッサージで脚やせを体験しましょう。ストレスも老廃物もスッキリ押し流す、心と体の健康法です。


後ろ姿で、気になるパーツNo1のふくらはぎ。ところが、血液を押し戻す筋力の低下、冷え、心臓から遠いことで、とにかく!むくみます!冷やさないように、オフィスでは防寒保護し、こまめにマッサージする以外ありません。


まずは、アキレス腱からふくらはぎ裏中心を刺激しましょう。ふくらはぎを包みこむように両手で、ふくらはぎ裏中心を下から上の方向にしっかりへ指圧します。 このとき、ひざ裏の筋肉の付け根リンパをしっかり指圧しましょう。 親指を重ねて押すことで、しっかり指圧することができます。少しづつ場所をずらして、各箇所3回のリズムで指圧します。


次に、すねの骨の両脇の筋を指圧する。指をすねの骨の脇に引っ掛けるようなかたちで、筋を指圧します。 親指を重ねて押すことで、しっかり指圧することができます。少しづつ場所をずらして、各ヶ所3回のリズムで指圧します。


ふくらはぎのお肉をねじりを加えしっかりモミほぐす。お肉をつまんで右手と左手違う方向につまむ感じにほぐします少しづつ場所をずらして、各ヶ所5回のリズムで指圧します。


ひざまで手のひら全体で老廃物をさすり流すほぐされた老廃物を一気に押し流す感じで引き上げます。5回程、引き上げます。

足首が細くなる方法

足首に脂肪がつくことは、ほとんどないのに太いと感じる人は、 たいてい、むくみが原因です。疲労やストレスで、身もココロもバランスを崩してませんか?オフィスでも、まめに足首をグリグリまわすことで、血行を促進してあげましょう。


★ポイント
1.くるぶしのまわりは、女性ホルモンのツボがあり、刺激することでホルモンバランスを正常に促します

2.押すところ「痛キモチイイ」ところが多いはず。念入りにほぐしましょう

3.普段から、足首をまわす癖をつけ、予防すましょう


まずは、内、外くるぶしのまわりをグリグリ。グーにして、くるぶしのまわりをグリグリします。 骨なのか筋なのか、最初はわかりにくいかもしれませんが、両手で足首をはさむ感じで、 グリグリしてると、痛キモチイイ場所が発見できると思いますよ。キモチイイので、よ?くモミほぐします。


次に、アキレス腱に沿って引き上げる。両手をグーにして、アキレス腱の内も外も、ぎゅっと押しながら、引き上げます。各5回程、引き上げます。


足の甲をグーで引き上げるする。指の付け根からすねまで、グーで押しなぞります。 甲の骨と骨の間、足首の付け根が、かなり痛キモチイイので癖になります。 両手グーで甲全体をグリグリしても癒されますよ。キモチイイので、よく揉みほぐします。


足首つかんで、ふくらはぎに向かい引き上げる。アキレス腱下から、ふくらはぎに向かって両手でぎゅっと少ししぼるような感じで、引き上げます。5回程、引き上げます。

お尻をマッサージして太ももにはみだしたお肉を引き上げよう

お尻の脂肪は、もともと量が多いため、垂れやすいところ。ヒップと太ももの境目があいまいな人、多いのではないでしょうか。太ももにはみだしたお肉を、引き上げる習慣が大事です。


ポイントはお肉を上に引き上げるイメージで行いましょう。腰骨に沿ってある、痛キモチイイ「ツボ」を刺激する。お肉をよくつまんでほぐし、グーをつかって引き上げることも重要です。


お尻をマッサージするときには下尻についたお肉をつかんでモミほぐす。でっぷりお肉を大きくつかんでモミほぐし、血液循環を促進させます。10回程モミほぐします。


次に、骨盤に沿って数ヶ所あるツボを刺激する。腰骨に手をあて、親指でぐりぐり刺激します。腰がくだけそうに気持ちいいのでよくほぐしましょう。


グーでヒップを引き上げる。少し足を浮かせ、ヒップを上げた状態で引き上げる。各5回程、引き上げます。


円を描くようにすくい上げる。大きく円を描くようにして押しなぞり、しっかり下尻を持ち上げます。 ほぐれた老廃物をスムーズに流すように、大きくマッサージします。5回程、引き上げます。さらに腰回りも細くしましょう。


ローライズの上に乗ってるお肉って、すごく印象的で「乗ってるレッテル」貼られたり・・・。すっきりスマートな腰まわりになるように、たまった老廃物を押し流しましょう。腰痛や、疲れをためないように、しっかりモミほぐす。背骨の脇のツボも刺激します。ほぐした老廃物を脇に流すイメージで。

食事をきちんととって美脚を目指そう

ココロも元気なメリハリボディ!!美脚を目指すなら・・・無理なダイエットはしないで、きちんと食事をとりましょう!


美脚足やせマッサージは、体にたまった老廃物を排出することで、「血液循環」「代謝促進」「ホルモンバランスを整え」など、効果を促し痩せやすくなります。どんなにスマートでも、不健康では、魅力的とは言えません。カラダは調子がよく、見た目もスマートに引き締まっている!そんなカラダが理想のはずですよね?


急激に、無理な食事制限をして、体重を絞り込んでしまうと。。。必要な栄養が不足することで、骨は弱り、肌や髪はツヤを失い、おまけにシワまで増える。抵抗力が低下することで、風邪を引きやすくなったり、健康を害することも考えられます。


目先の急激なダイエットは、リバウンドしやすい、太りやすい体質を作ってしまうのです。こうなってしまうと、表情や考え方まで暗く沈み、内向きになってしまうかもしれません。重要なのは、健康で痩せやすい体質にすること!!


筋肉、骨、内臓など、体脂肪以外の「除脂肪体重」は、守りましょう!!たとえ体重が重くても体脂肪が高くないなら心配する必要はありません。またすらっと細い脚を作るには、マッサージは健康な体質、理想のプロポーションに導く決め手です。


私たちの体は毎日毎日、代謝をくりかえしています。仕事しているときも、テレビを見ているときも、デートしているときも老廃物は排出されています。疲労やストレス、加齢によって老廃物がきちんと排出されずに蓄積状態。疲れが取れにくい、最近むくみが気になる・・・は前兆です。


放置してると、肌に凹凸が!まさにセルライト化です!そうなる前に外部からの刺激マッサージを利用して未然に防ぎましょう。

アクセサリーで脚やせ

手首に付けるアクセサリーはブレスレット、足首に付けるのはアンクレット。くるぶしの上にひっかけるように付けます。


最近では男性もよく付けている人を見かけます。さりげなく足首をキレイにセクシーに見せてくれる優秀なオシャレアイテムです。ゴールドやシルバーはもちろん、革やナイロン、コットン、麻など様々なものが出ています。


白・シルバーの同系色でまとめたコーデにキラキラのアンクレットをプラス。脚が細く見えるうえに、さみしくなりがちなスタイルのワンポイントにもなります。


大きめチェーンのこんなアンクレットもデニムショーパンと合わせることで、どぎつくなく健康的な美脚コーデに。幅広タイプのアンクレットでポイントを足首に持ってくると、さらに細見え効果アップ。短め丈のフレアスカートにマッチ。アンクレットはもちろんパンツスタイルにも。パンツの裾から伸びる足にさりげなくゴールドアンクレットがチラリで美脚効果があります!


ヒールだけじゃなくスニーカーにも合います。アンクレットと一口にいっても、素材やテイストはさまざま。キレイめだったりモードだったりナチュラルだったり、いろんなスタイルに合わせることができる万能アイテムということがわかりました。さらに抜群の美脚効果、とくれば使わない手はないでしょう。この夏はアンクレットを駆使しておしゃれになりませんか?

正しい歩き方で脚やせ

歩く事はすべての運動動作の基本でありながら現代人は人間としてのまともな歩行ができなくなっている人がどんどん増えています。歩いている時の重心は足の親指、小指のどちらにかかっていますか?


小指だとしたら今すぐにでも意識して直すようにして下さい。靴のかかとの外側がすり減っている状態ではないでしょうか。


靴やヒールが足に合わないことも原因の一つですが、そういうクセが付いていて骨盤が広がっている場合もあります。この状態だとお尻が下がって見えて太ももとの境もなくなり、メリハリの無いヒップライン、下半身になってしまいます。


正しく歩くには、腕の振りを大きめにすることと、前に大きく振るのではなく後ろへの動きを意識するのが正しい歩き方のポイントです。


日本人はあまり腕を動かさない傾向にあり、かといって前に振ると猫背になりやすくなって姿勢が悪くなるので、上半身よりも後ろ側に腕を動かすようにしておきましょう。かかとから着地して足の裏、そしてつま先へと体重移動することです。かかとだけを地面に打ち付けるようにしていたり、つま先側に重心を置きすぎていると見た目にもきれいではありません。


ヒールの高い靴を頻繁にはいていると歩き方が乱れることがあるので、たまには歩きやすい靴で姿勢をチェックしておくとよいでしょう。


脚が細くなるだけではなく、お尻の筋肉を使うため、余計なお尻の脂肪が無くなり美しいヒップラインにつながります。

脚のむくみを減らしていく

ダイエットをすると、上半身が見る見る痩せ、下半身はそのまま。あわてて、ダイエットを止めたら、上半身はそのままで、今度は下半身が太る!!上半身を残して、下半身だけシェイプしたい!!色々な悩みがありますよね。


むくみは、主には塩分の摂り過ぎや血行不良、筋肉があまり活動していない(同じ姿勢で長くいる)状態の時に起こります。これらのむくみの原因の中で、自分がどのパターンに当てはまるのかで対応策も変わってきます。


日頃、塩分を摂り過ぎていると感じている場合は、まずはその摂取量を抑えます。食事の塩分量に気をつけることも重要ですが、スナック菓子などの食べ過ぎはもってのほかです。


冷え性などで血行不良の時にもむくみは起こります。冷え性は末端の毛細血管まで血流が行き渡らない状態なので、それを解消するためには元にある大きな血管を温めてあげる必要があります。


足の付け根あたりを温めてあげると良いでしょう。足の筋肉をあまり動かさない状態、椅子に座りっぱなしでいることはもちろんむくみに繋がるのですが、足の筋肉量が少ない場合にもむくみの原因になります。適度な運動や筋肉量はとても重要です。日頃から歩く時間を最低30分以上とるなどすると効果的です。


そして、むくみ対策の栄養素としてカリウムがあります。体内の水分調整や利尿作用に働きかけ、むくみ減少の手助けをしてくれます。ただ、カリウムを含んだ食事を撮り続けるのもなかなか難しいものがあります。

椅子を使って美脚に

スラッとした美脚って女性の憧れですよね。けれど、大変なトレーニングやエクササイズはきついし毎日続けるのは億劫…そんな方も多いと思います。


足の先だけを椅子などに乗せます。体勢が不安定な方は何かに掴まるなどして、安定を保ってください。腰に手を当てたりするのもおすすめです。もう片方の足をゆっくりと曲げてまた元の体勢に戻ります。


足の筋力があまりない方は筋肉を使っていることがよく分かるくらい震えたりすると思います。5回ほど繰り返したら、乗せる足を交代して反対も5回ほど繰り返してください。1日に1セットでOKです


このトレーニングを始めた次の日から、足がスッキリしたような感覚になり、足取りが軽くなり始めました。また、ほどよく筋肉がつき始めて、ふくらはぎや太ももがスッキリして余計な肉が落ちたように思います。きつく感じていたジーンズやレギンスも難なく履けるようになり、ファッションの幅が広がります。


足だけでなく腰も使うトレーニングなので、腰痛がある方は痛みを感じたらすぐやめてください。簡単に、しかもテレビを見ながら、音楽を聴きながらできるトレーニングなので楽しく続けられると思います。


1日1回でもめんどくさいという方は3日に1回でも構わないので、なるべく習慣づけるようにしましょう!ジャージやパジャマなど、ゆるっとしたリラックス出来るもので行いましょうね。

エア自転車こぎで美脚に

スラッとした美しい脚は誰もが憧れるものですよね。エア自転車こぎで美脚になりましょう。


仰向けに寝て、両手を腰の横に伸ばします。両足を真上に上げ、自転車をこぐように大きく足を回します。その際1回ずつ呼吸をするようにしましょう。回数は左右交互に20~50回が目安です。次はその状態で今度は逆回しも行います。回数も呼吸法も同様です。


これらをやり始めて次の日に脚全体が筋肉痛になり、効いていることを実感できるでしょう。一番はやりすぎないことです。やりすぎると脚を痛めてしまうので、上記に記載した回数を目安に行うようにしてください。


また筋肉痛が気になるときは、無理をせずお休みしましょう。目を閉じて実際自転車をこいでいるところ想像しながらやると、頑張れますよ!


いつでもどこでもできる脚痩せの方法もありますよ。両足一度に行います。かかとを5cmほどあげ、そのまま5秒ほどキープ。そのあと。ゆっくりおろしましょう。


これを気が付いたときに、4,5回行います。1日10回ほど、合計50回位、すきま時間を見つけてなど。タイミングは色々ですが、エレベータ待ちでは必ずやるなどと、自分なりに決めていれば、1日に何度もできるでしょう。


高いヒールを履いている場合は、エクササイズになりません。素足またはペタンコの靴で行いましょう。とにかく、習慣づけることがポイントです!簡単なのでぜひ実践してみてくださいね。

ひざ裏をたたくだけで脚やせ

ひざの裏をたたくだけという、簡単なエクササイズで、美脚の大敵である、「O脚」や「X脚」を改善することができるんです。オフィスの休憩時間、電車やバスの中、家事の最中や電話の最中、布団の中・お風呂の中など、気付いた時の習慣にすると良いですよ。


壁に背中をくっつけて、脚を伸ばして座りましょう。頭・両肩・背中・腰がしっかりと壁にくっつくようにしましょう。


次に、ふくらはぎの人体図を見てみれば、ヒラメ筋と呼ばれる筋肉が全面的に被っているのがわかります。ふくらはぎは体の中でも比較的脂肪が付きにくく、もともと筋肉が大半を占めています。


脂肪は筋肉を動かして燃やせば減少しますが、筋肉を落とすとなると究極のことをいえば寝たきりになるしかありません。そんなの無理ですよね。そこで、1日5分で太もも・ふくらはぎを細くする簡単な脚痩せ方法を紹介します。


心臓よりも足を高くするのです。なんだぁ~とお思いのかたもいらっしゃるでしょうが、実際継続して実践されている方はどれぐらいでしょうか?一番楽なのに実践することを一番忘れがちなのがこの方法です。会社の昼休み、帰宅してからなど工夫して実践してみてください。


これには嬉しい副作用もあります。低血圧の人は朝目覚めに実践すると血圧が緩やかに上昇して起き上がりやすくなります。寝る前に足元にクッションを置いておき、目覚めたら足を乗せてむくみ撃退と低血圧回復にチャレンジしてください。

ストレッチで脚やせ

脚やせの前に立ちふさがる、セルライトや脂肪。ストレッチを行うことで、これらをやわらかく分解できるのです。一日数分の簡単な運動でOKです、ストレッチで体の余分なものをすっきりきれいに落としましょう。


まずは下半身太りに効く、腰とお尻の筋肉のストレッチです。座った状態で左脚を伸ばして右脚を曲げる。それから、伸ばした左脚の外側に曲げた状態の右脚を置く。


左脚の肘で、膝を立てた右脚を押すような体勢で体をひねる。そのまま腰とお尻の筋肉が程良く緊張している状態をしばらく保つ。左脚と右脚を逆にして、同じ動作を行いましょう。


脚やせの大敵である、むくみ。むくみの解消に効果的なストレッチを紹介します。仰向けになって寝そべり、腰から脚を高く持ち上げる。両方の脚を交互に、頭の上にくるような位置に持ってくる。この一連の動きを20回ほど行います。


膝の後ろを伸ばすように心がけると効果的です。体勢的につらければ、腰は上げずに脚だけ持ち上げるといいでしょう。もちろん、無理せずに脚は持ち上げられる範囲で上げて下さいね。


自転車をこぐ運動というのは脂肪の燃焼を促し、脚やせに効果大です。実際にサイクリングを行うのはもちろんなのですが、自転車をこぐ動きをするだけでも十分に効果は得られます。ストレッチを一日五分間、毎日の習慣として行って下さい。特に太ももに対して、高い脚やせ効果が期待できます。

[スポンサーリンク]



脚やせサプリメント

サプリメントといえば、手軽にどこでも栄養を摂れるアイテムとして、今ではすっかりダイエット用のグッズとして重宝されていますが、足やせに効くサプリメントもありますよ。


代謝能力を上げつつ毒素を排出する働きを促す毒素排出系タイプのサプリメントは、むくみ解消に効果的です。下半身に溜まった老廃物や脂肪を燃焼する働きを高める効果を持ち、セルライトや脂肪太りで悩む方に特にお勧めです。


サプリメントを選ぶ時は、まずは自分の解消したい脚太りのタイプを考えて、それに合ったものを選んで下さい。


循環と代謝の働きが期待されるむくみ解消と、脂肪燃焼の働きや代謝が期待されるセルライトの解消では同じ脚痩せを目的としたサプリメントでも成分が違ってきますので、むくみ解消用サプリメントを服用してセルライト除去効果を期待しても希望するような確かな効果は得られないでしょう。


サプリメントを摂取するだけでは、脚やせ効果はそうは期待できません。牛乳などで飲むと効率がよくなる栄養素もありますが水で飲みましょう。


また、食後30分以内が理想です。食べ物の消化とともに吸収されるので、サプリ吸収の効率アップが望めます。また、サプリメントは冷暗所に保存することです。意外と適当に保存している方も多いのではないでしょうか。しっかり密閉して、高温多湿の場所は避けて冷暗所に保管しましょう。エクササイズも併用するとなおいいですね。

アロママッサージで脚やせ

ストレスは、心にも身体にも大敵と言えます。そのストレスを緩和するために、アロママッサージをしてみてはいかがでしょうか?


ダイエットを目標にしている人々にもストレスは大敵となるのではと思います。ダイエットの中でも脚やせ(脚やせ)を特に考えているという方も多くいると聞きます。


脚やせ(脚やせ)といってもやはり基本は全身のダイエットを行う事ですので、食生活の改善や適度な運動がまず行いたい事ですが、その他にそれらの事と並行してできるストレス解消と脚やせ(脚やせ)のための方法にアロママッサージがあります。


アロママッサージは、自分の好きなアロマ(香り)で、心地よく行う事が大切です。アロマオイルを直接肌にすり込むことにより、皮膚を心地よく刺激し、筋肉の緊張を和らげます。更に滞ったリンパや血流の流れを促す事ができます。また香りと肌に触れるという事との相乗効果で深いリラックスが得られます。


どんな効能が得られるかはオイルの種類によって違いますが、リラックス効果はもちろん、リンパの停滞を解消する働きや、脂肪の分解、セルライトの除去などにも十分な期待ができます。


効果が高すぎるといっても過言ではありません。それだけに、使用法を誤ってしまうと、薬と同様問題が発生する可能性もあります。よって、アロマオイルは、基本的には専門家に選んでもらうのがベターと言われています。


アロマオイルを使用したアロママッサージは、おそらく数ある脚やせの中でもトップクラスの効果が望めます。

脚やせを行う上でストレスを抱え込まないようにする

現代はストレス社会。誰でも日々、何らかの事態に直面して、イライラの種には事欠かないかも知れません。このイライラ感はなかなか嫌なもので、何らかの対処を取らないと、さらに強まってしまう気がするかも知れません。


それでつい、後先を考えずに、普段しないような事をしてしまいがちです。例えば、周りの人に八つ当たりをしてしまったり……。もちろん、大多数の人は大きな問題行動には至らず、何とか気持ちを静められるもの。何回か深く深呼吸をすれば充分という人もいるでしょう。でも場合によっては、何かを無性に食べたくなってしまう事もあります。


美脚になるために、肥満を予防するということは、肥満になりやすい環境を作らない事です。それはすなわち、ストレスを抱え込まないことや、食生活や睡眠といった生活習慣を健全なものにするというものです。


ストレスは、テキメンに体型を崩します。これは、ストレスによって食生活や就寝などの生活習慣を乱すという間接的な意味もありますし、ストレスがそのまま体調を悪くさせ、体型を変えてしまうという直接的な要因でもあります。要するに、ストレスを抱えて良いことは何一つとしてないということです。


脚やせを行う上で、ストレスを抱え込まないようにする必要があります。ストレスを抱えた状態だと、例えダイエットしても効果が薄いですし、継続させるだけの精神的余裕も生まれません。ストレスは趣味や運動などで発散してしまいましょう。悩みを抱え込んでいるならば、思い切って相談してみる事をお勧めします。

デトックスで脚やせ

女性の悩みといえば、ダイエットですね。その中でも脚痩せ(脚やせ)が気になる方も多いのではと思います。肥満のなかでも脚痩せ、これを特に気にする方が多いのではないでしょうか。


そこで、デットクスで脚痩せする方法を紹介したいと思います。デットクスで体内環境を整えて、脚痩せを実現するのです。


デトックスを直訳すると「解毒」という意味になります。最近は、体内環境を整えるための体内クリーニング(浄化)という意味でデトックスが使われています。


デトックスは「栄養摂取」、「消化吸収」とともに、健康維持にとって大切な事です。なんとなくだるい、頭痛がする、肩こり、冷え、のぼせやすい、便秘がち、ストレスで寝付けない、風邪をひき易い、などの症状のある方はもちろん、美肌を目指したい方、ダイエットしたい方、そして、むくみやすい足のダイエットにも、「デトックス」が効果的です!


デトックスは日々、行うこともできます。水をたくさん飲むことも、誰でも簡単にできるデトックスの一つなのです。


他にも日常で行えるデトックスとして、大きく呼吸をすることや、ハーブティーを飲むことなどもデトックスと言えます。ハーブティーは老廃物を体外に排出させるために、腸や肝臓のクリーニングに良いハーブを選び、濃さや回数を加減して飲むのがよいでしょう。そしてゆっくりとした深い呼吸を心がけることで老廃物の運び出しもスムーズになり、血液の浄化が進みます。



リンパマッサージで脚やせ

女はとかく、下半身をスリムに見せたいもの。下半身さえスリムであれば、ファッションの幅もぐんと広がります。そういうことで、脚痩せ(脚やせ)を目指す女性が多くいるのではないでしょうか。


脚痩せマッサージのうちでリンパマッサージというのは。本場フランスでは理学療法としても行われており、美容にも取り入れられ脚痩せにも効果的だそうです。


リンパマッサージの脚痩せ効果は絶大で、自宅でも簡単に出来るので手軽に取り入れることができます。リンパの流れがスムーズになっていないと、体中に余分な水分や老廃物が貯まってしまいます。また、むくみや、コリ、痛み、たるみ、肥満、セルライト、疲労、体調不良など身体にとって悪い症状が色々と出てきます。


リンパマッサージは症状や、箇所によって方法が違っています。先ず最初に覚えたいのは、基本的に体の遠いところから近いところへ、つまり心臓を中心にして心臓から遠いところから心臓へ向かってマッサージする事です。


脚のむくみ解消のマッサージ方法としては、

1)足の甲は足の指の付け根から足首に向かって、指の腹で円をえがくようにマッサージします。

2)次に足首から膝に向かって下から上へふくらはぎを優しくマッサージします。

3)特に気をつけたいのが膝の裏はリンパ節になっているので円をえがくように軽くマッサージします。


リンパの流れも脚痩せ(脚やせ)にはとても重要になってくるようですので、マッサージなど効果的に行うとよいでしょう。

脚やせに良い食品

下半身が太いのが悩みという方は、本当に多いですね。脚やせを考えている女性にとって、脚やせ効果のある食品があるとは、とても有難い情報でしょう。


まず脚やせのためには、食べ物に含まれる塩分に常に気をつける事が大切になってきます。塩分の取り過ぎに対抗するために、カリウムを多く含む食品を食べる事も良いとされます。塩分に対抗するのがカリウムです。


塩分に含まれるナトリウムは、体内の水分をため込むような働きがあるため、塩分の摂りすぎは、体に水分をため込んでむくみやすくし、セルライトの改善も拒みます。こうした状態の解消には、野菜やフルーツなどカリウムの豊富な食品を積極的に摂り、塩分の多い食品を控えるようにする事が大切になります。


体の代謝には酵素が大きく関わっています。この酵素の働きをサポートしてくれるのがビタミンとミネラルです。ビタミンやミネラルが不足すると、体内の酵素が効率よく働かなくなりその結果、脂肪の燃焼効率が悪化し、血液やリンパの流れも悪化し、セルライトの解消もうまく行かなくなります。


ビタミン類は緑黄色野菜に、ミネラル類は海藻類に多く含まれます。・グリーンアスパラガス、にんにく、かぼちゃ、にら、セロリ、きゅうり、海藻など。これらの食材には特にビタミンやミネラルが多く含まれており、更に水分代謝を良くしてくれる働きを持つものばかりです。


良質のタンパク質を摂り下半身太りを防ぐ事やお菓子やケーキなどの糖分を避け脂肪のため込みを防ぐ事も脚痩せには必要です。

脚やせと買い物

脚やせを目指す女性にとって、脚やせの為のダイエットは必要不可欠。脚やせダイエットの為のちょっとした買い物のコツがあります。


ダイエットのためには、買い物の仕方にチョッピリ気を付けていただきたいのです。


ダイエットを考えるならば、食料品はまとめ買いが良いでしょう。食べたい時、料理したい時にコンビニやスーパーに行くと、どうしても空腹時に買い物をする事になってしまいます。まとめ買いをすれば空腹時に買い物をしなければならない回数も減りそうです。


まとめ買いではなくこまめに買い物に行きたい場合も空腹時は避けると余分な物も買わずダイエットには良いと言えます。ダイエットを考えているなら、コンビニやスーパーを歩き回る事を避けるのが賢明です。


スーパーやンビニで買い物する場合には、空腹時はできるだけ避けることが大切なようです。特にダイエット中は、お菓子類など全てが美味しそうに見え、購入したい衝動も大きくなってしまうので、空腹時は絶対避けるのがよいでしょう。お菓子類など食べすぎに注意したい物は、まず買わないのが第一だと思います。


空腹時の食料品の買い物を避けるというのはもちろん、最初からなるべく食料品のある場所には近づかないというのもダイエットには良いのではと思います。また、あらかじめレシピなどを計画して、食べる物の計画を立てるのも良いのではと思います。

つま先立ちで脚やせ

日々のトレーニングや食事はもちろんだけど、つま先立ちも、美脚作りに欠かせない要素の1つ!10往復くらいを1セットとして、気がついた時に「1セット」を、習慣にすれば美脚に近づきます!


一日二日つま先で立っても、何の効果もありません。毎日コツコツ、日々の積み重ねが大切です。おへそ、おへその下に力を入れて、おへそからつま先立ちできるように上に持ち上げる。


最初はどこかにつかまってもいいから、おなかから脚を支える。脚にむやみに力が入らないので脚が太くならない家ではつま先立ちで歩く、つま先立ちで階段を上るなど、日常に取り入れるのも効果的です。


また、一番良いのは、朝30分早く起きて、軽くランニングすることです。ランニングは全身の運動になり、なおかつ脚を重点的に鍛えるという、運動の基本中の基本。


そして同時に、脚やせの基本ともなります。ここで大事なのは、決してスピードを重視せずに、ゆっくりと走ることです。例えば10分全力に近い形で2km走るのと、30分かけてゆっくり2km走るのとでは、後者のほうが脚やせ効果は高いのです。


脂肪を燃焼させるためには、運動量ではなく運動する時間が重要なのです。散歩だって立派な脚やせダイエットです。買い物に行く際、荷物を持って歩いてまわる事もまた、ダイエットの一環です。誰でも日常やっていることなのです。それを、少し時間をとって個別に行うだけで、だいぶ体型は変わります。ぜひ実践してみてください。

前太ももの張りを解消するストレッチ

太ももの前面のお肉が丸く盛り上がっている、膨らんでいる前に張り出している、という人におすすめのストレッチを紹介します。太ももの前側部分を効果的に伸ばすストレッチです。


張りの解消が難しい太もも。でも根気よく続けることで足痩せ効果があります。まず、椅子を用意し、右足を曲げてかかとがヒップの下にくるように座ります。


曲げた右脚の手のひらで(親指の付け根のあたりに力を入れて)太もものひざからすぐ上を押します。そのまま脚の付け根の近くまで5か所ほどずらしながらプッシュします。ゆっくり体重をかけるように押してください。一通りできたら反対の足も同じようにプッシュします。


右足と左足の太ももの張り方が違う場合は、張りの強い方を多めにプッシュするといいですよ。ひざまわりもすっきりきれいになるので、ひざ上のお肉が気になる方にも有効な方法です。


次に太ももの横の張りを取り除きます。まず床にひざを立てて座ります。手は後ろに付き、体重を支えます。次にひざを揃えて左側に倒します。このとき、上半身はなるべく動かさないように。右側の太ももの横が上になりましたね。


そこで右手を握りその手で腿横を押します。膝から脚の付け根の方までを5か所ほど少しづつずらしながらほぐすようにゆっくりプッシュしましょう。反対側に足を倒し、左の手で同じようにプッシュダイエットを行いましょう。


一度、鏡を見て姿勢をチェックしてみてください。そして、重心がかかとになっていないか、正しい歩き方をしているか確認してみてできていなかったら改善することで、 だんだんと張り出した筋肉を落とすことができるかもしれないですよ。

エステサロンで脚やせ

単純に効果を追い求めるなら、自宅で行うよりエステサロンに通うほうが期待値は高いかと思います。脚やせダイエットだけでなく、全身くまなくキレイになれるという利点もあります。


エステサロンに通う最大の利点は、継続性を得られるという事です。自宅でやる脚やせダイエットは、どうしても長続きしないという方が多いようです。


サロンによって施術内容なども違うので自分にあったエステを選ぶためにも複数のエステサロンを回ってみることが大切。体験エステならワンコイン~昼飯代くらいの料金で体験することができるのですごくお得です。


他にも店舗の雰囲気や通いやすさなどもわかるので体験エステを試さないで契約をすることは非常に危険です。オススメは2社~3社程度、試してみると自分にあったエステが見つかると思います。ここで大きく効果の差が現れたりするので妥協しないようにしましょうね。


脚やせエステサロンを使って足を細くする方法は、プロのエステティシャンの施術、そして最先端のダイエット機器を使った施術を受けることが出来、初回体験コースを設けているサロンもありますので、そういったサービスを活用することで非常にお得な料金で足を細く綺麗にすることが出来ます。


本コースに通うとそこそこな料金がかかりますので、金銭的に余裕がある人は本コースに通えばいいですが、余裕が無い方は、複数のエステサロンの初回体験コースを利用したり、もしくは、「明日のデートまでに足を細くしたい!」「結婚式に向けて脚やせしたい!」というように、ここぞという時にだけ利用するという方法もあります。

脚やせ用のジェルやクリーム

脚やせクリームやジェルは、毎日塗るだけで簡単に足を細くする効果を実感できるので非常にオススメ出来る脚やせ方法なのですが、残念ながら商品の種類はさほど多くありません。


脚やせダイエットの一環である脚のマッサージは、まず入浴前に脚をほぐしておくことが望ましいですね。その後、ある程度柔らかくなった脚でお風呂に入ります。できれば、湯船にお湯を溜めて入ることをお勧めします。


適温のお湯には筋肉をほぐし、疲れを癒す効果がありますから、マッサージの効力を倍増させてくれる効果が期待できます。その入浴中も、入浴前に行った脚のかかとから股関節までのマッサージを行ってみましょう。


入浴しながらなので、リラックスした状態で行えるかと思います。これも準備段階のマッサージのひとつなので、それほど肩肘を張らず、2分程度行ってみるのが望ましいですね。


入浴後、本格的な脚やせマッサージの開始となります。まず、脚やせ用のジェルやクリームを持っている場合は、この時に塗ります。お風呂から上がったら、しっかり脚を拭き、しばらくしてから塗るのが望ましいでしょう。


これらの薬品は、マッサージなどでさらにしっかり染み込ませることが可能です。ただジェルやクリームを塗るだけ、マッサージをするだけと比較し、かなり効果がアップすると思われるので、できれば用意しておきましょう。

ふくらはぎを細く

痩せたいパーツNo1の「ふくらはぎ」。ふくらはぎが少し細くなるだけで全身のバランスがスッキリ!トレンドのスキニーデニムやショートパンツもパーフェクトに着こなせます。


「ふくらはぎが太い」と悩んでいる方は「ふくらはぎだけが太いのか」をれとも「ふくらはぎも太いのか」自分はどちらのタイプなのか知ることが大切です。「ふくらはぎも全身もぽっちゃり」な場合は、とりあえず、体重を健康的な数値まで落とすことが先決です。


ふくらはぎだけが太い場合には、適度に運動をしましょう。会社帰りに一駅分歩いたり、少し遠いスーパーで買い物をしてから帰宅するといった簡単なことでも十分効果があります。大切なのはこれらの簡単な運動を「定期的に継続する」ことだけでふくらはぎだけでなく全身が引き締まったスタイルになれるのです。


余裕があれば湯船の中でストレッチをしたりマッサージをするとより効果的です。お風呂にはいることによって血液の流れが良くなるのでむくみや疲れがとれ、すっきりした脚になります。シャワーだけという方は是非、「湯船につかるだけでいい」のでお風呂の習慣を変えてみてくださいね。


青竹踏みもお勧めです。青竹を踏むことで足裏のつぼがくまなく刺激されますし、歯磨き中の時間を有効に使えるので忙しい方や面倒くさがりの方にもぴったりです。歯磨き中のわずか3分間ですが、一生懸命青竹を踏むと体もぽかぽかしてきますし、全身の血流がよくなっているのがわかります。

バランスボールで脚やせ

脚が太くなる原因は、脚のリンパと血液の流れが悪くなることです。脚の血液の流れが悪くなると、酸素や栄養が送られなくなります。脂肪を燃やすには酸素が必要です。


また、脂肪を燃やすための栄養(ビタミンやミネラル)も必要になります。それで、血液の流れが悪くなって脚に酸素や栄養が送られなくなると、脂肪を燃やすのに必要な酸素や栄養が不足します。ですから、脚の脂肪だけが減らないので、脚が太くなってしまうのです。

また、脚のリンパの流れが悪くなると、毒素や老廃物を体外に排出することができなくなります。細胞の毒素や老廃物は、リンパによって血液まで運ばれ、そして尿とともに体外に排出されます。


それで、脚のリンパの流れが悪くなると、脚の毒素や老廃物がたまってしまいます。毒素や老廃物は脂肪燃焼の妨げになります。それで、脚の脂肪が燃えにくくなるので、太くなってしまうのです。


バランスボールで脚の筋肉を鍛えることができます。筋肉を鍛えると、血液を流す力が強くなります。それで、血液の流れを良くすることができますので、脚やせの効果が期待できるのです。


バランスボールに座るときには、骨盤からひざまで一直線になるように座る。骨盤の上にしっかり体が乗るようにする。背筋が丸まらないようにしっかり伸ばす。バランスボールで脚やせするには、骨盤のゆがみを矯正し、脚に筋肉を付けるトレーニングをすればいいわけです。

電車で脚やせ

下半身太りに悩まされることが多い日本人の皆さま、下半身太りになってしまう原因は“下半身がむくみやすい”ということにあります。下半身が常にむくんでいる状態ですと、下半身の血行が常に悪い状態になってしまい、皮下脂肪が流れにくくなります。


その結果、体全体の中でも下半身に余分な脂肪が付きやすくなってしまうのです。電車の中で気軽にできる脚やせ法を紹介します。つり革に掴まりながら、つま先立ちで電車に乗りましょう。そうすることで、気になるふくらはぎをシェイプアップし、足首を引き締めることができます。


一見、簡単だと思われがちのこの方法ですが、やってみると脚がプルプルして効いているのが分かります。立ったまま片方の脚を上げて、もう片方の脚の後ろにクロスさせます。その時、足の裏は地面から上げたままです。脚全体が伸びていることを感じてください。


座席に座ったら膝をくっつけましょう。そして、外側に脚を開くつもりで脚に力を入れるのです。5分ほどやると疲れてくるはず。


この方法は、オフィスでも活用できるのでオススメですよ。座席に座った状態で、背筋を伸ばし脚を揃え地面から脚を浮かせましょう。気になる太ももを引き締めると同時にポッコリお腹にも効果がありますよ。座席に座り、太ももの上に両手を乗せ圧をかけます。


一方、太ももは手に向かってグーッと力を入れます。電車の中でも目立たずにできる方法です。電車での時間を持て余している人は、こっそり試して細い脚を手に入れてください。

クッションを使って脚やせ

「座るとすぐに脚が開いてしまう」 「膝が曲がったまま歩いている」 「太ももが外側に膨らんでいる」 という人はバランスが悪くなっているのかも。


バランスのよい美脚をつくるためのポイントを紹介します。筋肉は使いすぎても硬くなりますが、使わなくても委縮して硬くなってしまいます。だいたい、太ももの前や外側の筋肉をよく使い、内ももや裏側を使えていない人が多いです。内ももや、太ももの裏側の筋肉を鍛えるトレーニングをします。と言っても、そんなに大変なことはありません。


座ってテレビを見ながら、太ももの間にクッションなどを挟み、内ももに力を入れておくだけでもいいのです。おしりと太ももの裏側の筋肉を鍛えるトレーニングを加えるとさらに効果的ですよ。運動後などに、使った筋肉のストレッチを意識する人は多いと思います。


しかしそれに加えて、使わずに委縮してしまった部分もよくストレッチをして、縮んでしまった筋肉を元の長さに戻してあげることも重要です。マッサージで、かたまってしまった筋肉をゆるめてあげます。太ももの筋肉は、骨盤からはじまってひざ下までつながっているものが多いです。


なので、マッサージをするときは脚の付け根からひざ下までを丁寧にもんであげましょう。筋肉のバランスに加えて重要なのが、冷やさないということです。冷やすと、どうしても脂肪がつきやすくなってしまいます。美脚に冷えは厳禁ですね。

ショートパンツを履いて脚やせ

脚やせにはミニスカートを履くのも効果的です。足が太いから嫌だなと思うかも知れませんが、あえて太いうちから履くことで脚やせを早く実現することができます。


男性が「太い足でミニスカート履くなよ」と思われるんじゃないかとつらい面があるかもしれません。でもできるだけ足を見せるということが重要なのです。


実はショートパンツも効果があります。特にショートパンツの場合、ミニスカート以上に太ももの形がはっきりをわかりますから、むしろ上級レベルです。


ショートパンツをはく前にはまずは、ミニスカートでならしておいてからはくと抵抗がそれほどなくなるのではないでしょうか。ショートパンツも裾が広がっているタイプなら履きやすいです。パンプスでもスニーカーでも合わせられますし、どんな洋服にもあいますから、おススメですよ。


ショートパンツは温かいタイツを履いていれば冬でも身に付けることができます。なので、冬の脚やせにもおすすめです。またファッション性だけでなく動きやすさも重視する女性にとってもいいでしょう。ただ、夏は紫外線に注意が必要です。


紫外線によって肌の劣化が進むということがあってはマイナスなので、しっかりとUVカットクリームを塗って街に出ましょう。ショートパンツでもミニスカートでもあるいは水泳の水着でもできるだけ人前に自分の足をさらすということが脚やせの基本です。

すき間時間で脚やせエクササイズ

すき間時間に簡単なエクササイズを行って、脚やせを行いましょう。


つま先立ちで歯を磨く2分の間、つま先立ちをして立ってみてください。体がバランスを取ろうとすることで、ふくらはぎが鍛えられます。つま先立ちの後、片足ずつ浮かせるとさらに運動の強度を上げることができます。


メークアップしながら骨盤底筋を鍛える。下腹部のインナーマッスルを鍛える。朝のメイク時間に下腹部からお尻まで、ギュッと力を込めて骨盤のずっと深い部分にある筋肉を鍛えます。これを5セット繰り返します。これによって衰えやすい骨盤底筋が鍛えられ、高齢になった時の尿失禁を防ぐこともできます。


髪を整えながら屈伸運動。髪型を整えている時に、爪先立ちで屈伸運動。爪先立ちをしながら普通に立っている状態から膝を曲げて、そして伸ばします。膝を曲げる時はお尻をそのまま下に落としながら、膝は外側に開き両足の間がダイヤモンドの形を作るようにします。膝を曲げている間、かかとは上げたままの状態を保ちます。そうすれば、太ももやお尻のあたりの筋肉が温かくなるのが感じられます。


口紅を直しながらお尻の筋肉を引き上げる。口紅を直す時にヒップアップを試みます。重心を少しだけ前に倒し、一方の脚を後方へ伸ばし上げお尻の筋肉を刺激します。支えている方の脚の膝はゆるめて伸ばしきらないようにします。一方の脚で10回ずつ伸ばし上げを繰り返してください。後ろに人がいる時は要注意!

脚やせをこれから始める人や運動が続かない人は

有酸素運動で期待できるのは「脂肪燃焼効果」です。きつい運動をしても一時的で終わってしまえば、 その努力は全て無駄になります。ウォーキングで1ヵ月後に効果を実感できる人でも、 ジョギングを1週間でやめると、1ヵ月後も脚の太さは変わっていないことになるわけです。これから始める人、運動が続かない人には、ウォーキングから始めるようにしましょう。


脂肪は特定の場所だけでなく、全身につくものなので、 お腹周りや太もも、お尻に脂肪が多い人は、 ダイエットとして有酸素運動で脂肪を落とすようにしてください。脚だけを細くしようとしても無理です。 まずは痩せることを考えるように。


また、脂肪は少しずつしか落とすことができないので、“継続”が特に重要になってきます。 脂肪の量にもよりますが、2~3ヶ月は必要になるでしょう。


でも、脂肪がついている場合、それがなくならない限り、脚が細くなることはありません。ただ、筋肉がないと脂肪は落ちにくいですし、 細くなってもキュッと引き締まった脚にはなれないと思ってください。脂肪が落ちても土台は変わっていないので、形を変えることまではできないんですね。


脚を引き締め、メリハリのある美脚を作ったり、 自在に形をデザインできるのは筋トレだけの効果です。さらに筋トレをすると、早い段階で引き締め効果を実感できます。 少しでも早く脚を細くしたい人は、必ず筋トレも行うようにしましょう。

脚やせには継続が大切

どんなに太っていても痩せれるように、誰にでも脚やせは可能です。 正しい方法で少しずつ引き締め、確実に脚を細くしていきましょう。当然のことながら、人間の体はすぐには変わりません。1日で5kg痩せることも、1週間で10kg痩せることも、よほど極端なダイエットをしない限り、まず不可能です。


特に、長年蓄えてきた脂肪は少しずつしか落とすことができないので、 最低でも1ヶ月はダイエットを継続することで、やっと変化が分かるようになります。もし、あなたが「脂肪太り」で悩んでいて、 脚やせで欠かせない“筋トレ”をしたとしても、 たった数日で脂肪がなくなるわけがないんです。


筋肉を鍛えると少しずつ引き締まっていくので、 1週間程度で変化を実感できるかもしれませんが、 「短期間で脂肪を落とすことはできない」と断言できます。せっかく脚やせを始めても、すぐに諦めてしまうと、 いつまで経っても細くならないままですよ…。


人によって差はありますが、 脚が変化するのに必要な期間には目安があります。決して無理をしなくても、正しい方法を実践すれば、 1ヶ月で脚は細くなっていきます。どんなに太くても、どんなに形やバランスが悪くても、 人間の体が変化しないわけがないんですよ。


でも、そのためには『継続』が大切なんです。小さな積み重ねが脚やせを実現してくれます。もちろん早く効果を期待する気持ちは分かりますが。すぐに諦めたら、細くなるものも細くならないので、 まずは1ヶ月を目安に継続してみましょう。

内ももを鍛えて脚やせ

あなたの脚には、どの部分に脂肪が多くついていますか? 多分、”太もも内側”の脂肪が気になっていると思います。内転筋とは、”太ももの内側=内もも”にある筋肉のことです!そしてこの内転筋は、脚やせで一番重要な筋肉です。


内ももに脂肪がついている人は、内転筋を鍛えれば、 自然と脚が引き締まっていきます。どうして内ももに脂肪がついてしまうのか?それは、内転筋が弱い筋肉だから!内転筋は、日常生活でほとんど使われることがないので、 どうしても筋肉が衰えているんです。


特に、女性の体は脂肪を溜め込みやすいので、 筋肉が弱い部分に脂肪がつきやすくなります。女性の場合、内転筋を鍛えない限り、 脚が細くならないと言ってもいいでしょう。さらに、座っているときに自然と膝が開いてしまう人は、 かなり内転筋が弱いと思ってください。そういう人は脚も太くなる傾向があります。


内転筋は、脚を閉じるときに使う筋肉です。なので、内転筋を鍛える一番簡単な方法は、ゴムボールやクッションなどを膝の間に挟み、 両側からクッションを押し潰すように力を入れることです。タオルや座布団を折りたたんで挟んでもOK!弱い筋肉なので、最初から無理をすると痛める可能性があります。


痛みを感じたら無理をしないようにしてください。内転筋を鍛えれば、確かに脚は細くなります。でも、脚には他にも筋肉があり、全てをバランスよく鍛えることで、 確実に脚を細くすることができます。

[スポンサーリンク]

↑ PAGE TOP